2人の永遠の愛の証、婚約指輪の選び方!

婚約指輪の存在とは何か

婚約指輪は、男性が女性にプロポーズをする際に渡すものです。この指輪には男性からの想いが沢山込められているものなので、もらったものは一生の宝物になっていくものです。男性もつけるのは結婚指輪になりますが、女性は結婚指輪と婚約指輪を重ねて同じ指につけている人も多く、重ねてつけても違和感のないデザインの物を選ぶ人が増えています。商品の中には、元々婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけられるようにペアにして販売している商品もあります。それ位重ね着けの需要が高くなっているのです。せっかくプレゼントしてもらったのに結婚指輪をつけたら婚約指輪はつけないなんてもったいないし申し訳ないという気持ちを持つ人が多い傾向なのです。

婚約指輪はどうつけるのがいいか

婚約指輪は、指につけるものだけでなく近年ではネックレスなどにしてプレゼントする人も増えています。指輪を重ね着けするのが苦手そうな人にとっては、それでも身につけていて欲しいと思う気持ちに寄り添っている考えのプレゼントです。昔からの風習で指輪を渡すというようになっていますが、実際は相手に気持ちが伝わればいいので指輪だけに限定はされないのです。相手が喜んでくれるようなものをくれる事が必要です。指輪を重ねてつけたい人は、婚約指輪はワンポイントで何かデザイン性のある物をつけて、結婚指輪はその分シンプルなデザインの物を選びます。そうする事で重ねてつけた時でもセンス良く見える事ができます。結婚指輪は男性もつけるので比較的シンプルな物が多いです。

クオリティの高い店舗が立ち並ぶ銀座ですが、婚約指輪を銀座で購入するのは、ちょっと人に自慢できる経験です。